美白ケア、唇くすみのケースでは

くすみが生まれる理由とは?

美白ケア、唇くすみのケースでは

シミやお肌トラブルのない美白肌を目指したいと思っている女性の中には、唇のくすみに悩んでいる人も少なくありません。確かにすっぴんになった時とメイクしているときで、余りにもイメージが変わってしまうのは残念なことです。

お友達と温泉旅行に行ったときなど、口紅を落とさずにお風呂に浸かる人はいないと思いますし、実年齢より年上に見られてしまったとしたらそれはやはり寂しいと思います。

そもそも唇のくすみはなぜ生まれてしまうのか、その理由を一緒に見ていきましょう。

ふだんからシミなどの対策や、美白ケアの一環として、普段から次第線を意識している人は多いと思いますが、それはあくまでもお肌に対して、という人がほとんどのようです。

ですが唇だってお肌と同じく紫外線が降り注いでいる部位でもあります。常に紫外線対策を取っておくことは大切なことです。中でも唇が乾きやすい人や、荒れてしまいがちな人は丁寧な対策を行っていきましょう。

唇のくすみを起こさせないためにできる最初ことは、日焼け止めの効能を持つリップを使うことです。リップの種類の中にはUVケアに特化したものも販売されていますので、探してみてください。

また唇のくすみ対策専門のパックも存在します。唇くすみ対策のパックを行うことによって、唇の色が鮮やかになったという人も少なくありません。パックに頼りきりということではなく、外出の際にはお肌と同様のケアも大切です。 紫外線だけではなく、唇がくすんでしまう理由には乾燥というものもあります。唇の乾きが気になったときなどは、なめて唇を潤したくなってしまいますが、なめてしまうのはNG行為です。

紫外線防止効果のあるリップなどを利用して潤してください。水でぬらせば唇の渇きが押さえられるわけではありません。着けた水が蒸発する際に、元々唇にある水分も一緒に持っていかれて、つける前以上に唇が乾燥してしまいます。

唇は想像以上にデリケートな場所なのです。 寒い冬の季節はとにかく乾燥が気になりリップを持ち歩く人も多いとおもいますが、夏だって冬の乾燥と同じように紫外線が唇にはストレスの元だといえるでしょう。

他にも唇くすみの原因として、古くなったメイク用品というのもあります。メイク用品が古くなると中に使われているオイルも酸化し、使う事で唇くすみのきっかけとなってしまいますので、口紅やグロスを使うときは、唇に掛かるストレスの少ないもの、落とす時に落ちやすいいアイテムを選択して下さい。

根本的に唇くすみを何とかしたいというケースでは、シミ改善などでもメジャーなレーザー治療という方法もあります。ただ、今だけでもどうにかしたいという場合は、唇くすみに特化したパックや、コンビニコスメのカラーコントロールグロスなどがオススメです。

↑ PAGE TOP